2003/09/16

前半の山場をクリアして、この日は中京大都市圏を一気に突き抜ける行程です。体調は問題無し。心配していた筋肉痛や疲労も大したことはありません。

亀山駅付近から県道を経由して、まずは国道1号線に合流。うわっ。1号線だわ(なんじゃそりゃ 笑)。分かっちゃいたものの、改めて出くわすとその交通量と排ガスに嫌気がさします。合流ポイントは道路の両側に防音壁が張り巡らされた、いわばバイパスのような区間。路側帯は広めだけれど、歩道や自転車道はなく、たくさんの大型車が我が物顔で突っ走ってます。こんなところでは自転車と言えどもおとなしくしていては先へ進めません。横断歩道なんてなくっても、歩道なんてなくっても、「端っこはオイラのスペースだい!」とばかりに強引に走ります。
 鈴鹿あたりから名古屋へ向かう路線には、1号線の他に海岸線寄りを走る23号線というのがあります。今回は両者がニアミスする四日市付近から後者を試してみることにしました。これが。思った以上に快適なのです! 海岸沿いルートなので当然バイパスだろうと思っていましたし、実際そうだったのですが、意外と歩道が充実していて(広く、割と路面状態が良い)、馬鹿が設計したと思われる一部区間を除いて大半の区間では素直に歩道を走れるのですよ。変な迂回をさせられたり、上り下りを繰り返させられることも無い。もっとも交通量は相当なもんなので、空気の状態は最悪ですけどね。それは1号線も同じこと。23号線を選択したのは大当たりでした。しばらく23号線沿いを快調に走り、長良川、木曾川を渡ります(でっかい川ですねぇ……)。

この日、最初のチェックポイント(目標地点)に狙い定めていたのは、名古屋市熱田区の「熱田神宮」。三種の神器の一つである刀をお祭りする、天皇系有数の社格を持つ大社です。ここもリターンマッチ。神宮マニアとしては、ここも外せません。
 細かいことはさておき。名古屋観光するなら、お城だけじゃなくここもお勧めですよ。社格に見合って、相当な規模を誇ってます。神域の広さこそやや劣りますが、明治神宮に負けない迫力です(作りや雰囲気も同じ系統と思います)。特に拝殿〜本殿の規模は大したもんです。
 この神社では、神域内のあちこちで自由気ままに鶏が駆けずり回っているのを見ることが出来ます。奈良公園の鹿みたいなもんでしょうか。なんとなく微笑ましいです。
 腹が減ったので、敷地内のお店で冷たいきしめんを食べました。タイミングのせいもあってか、すごくおいしかったです(私が食事の話を持ち出すのは珍しい……そういえば、三輪素麺食べ忘れたなぁ)。この前後、すぐ近く(らしいところ)で爆発事件があり、守衛さんが興奮気味に店の親父に話に来てました。
 自転車を置かせてもらった、南門の守衛さん(行きと帰りで違う方でしたが)が、すごく気さくで、好感持ちました。大事だよね、ちょっとした気さくさ。たった一人の言動だけど、たまたま出会った他所もんにしてみれば「これがこの地方の風土?」と思えてしまう。お陰で気分よく、熱田さんを後に出来ました(あちこち蚊に食われて痒かったけど)。

さぁて。後は岡崎市(熱田神宮で宿確保しました)までひた走るだけです(途中、前日外れた泥よけのネジを直しました。歴史を感じる店構えの自転車屋の親父は、無口だけれど親切な感じで、やっぱり好感持ちました。侮れないな、名古屋…)。この日は極力夜間走行を避けようと思っていたのですが、宿着の頃には日が落ちてしまってました。お宿は岡崎城のすぐ近く。ライトアップされた天守閣がきれいでした。
 この日は時間的に充分ゆとりを持って宿入りできたので夕飯どころを岡崎駅前方面に求めたのですが、やはり不案内な土地では思うように食事所も見つけられません。ささやかぁ〜に、チェーンのカレー屋さんで食事を済ませ、飲み物などコンビニで買ってさっさと床に入りました。

どうやら、筋肉いじめは一段落したようで、筋肉痛もある程度に落ち着きました。意外とやるじゃん、俺の足(笑)。こうなると、もう何日旅を続けても大丈夫です(麻痺してるので)。が、そろそろお尻と気力が嫌気を訴え始めました。三日くらい走ってると、次第に飽きてきます。いつものことです。そのせいで北陸旅行の時は三日目の金沢で打ち切ってしまいました。でもしかし、今回はそういうわけにも行きません。諦めるのはせめて箱根、と心に決めています。
 ここにきて、筋肉の張りがようやっと少し戻ってきました。もちろん疲労のためですが、パンパンに張った感じ。体感的には、学生の頃の6割くらいまで太さが戻った印象です。うむ。これくらいなら人前にさらしても恥ずかしくないぞ(私的には、細い脚は恥ずかしいのです。。。ま、元々がしてボテボテの太さではあるのですが…)。でも、張ってる筋肉が昔とちょっと違うんですよね。自転車だから、かなぁ?

10:05
11:40
四日市駅近くサンクス(休憩)
14:15
熱田神宮着(観光)
16:05
18:40
岡崎シングルホテル着

2003/09/16 記
2003/11/11 修正


このページから抜けるサイトトップ / @nifty
サイト管理者:岩橋伴典 as いさな (jo3emc@jarl.com)