事後雑感

実はここ数年、ちょっと精神的にダメな状態が続いています。渦巻く思いを事細かに綴ることはやめておきますが、仕事はもちろん、趣味や娯楽にも満足に興じられない状態です(楽しめるときもありますが)。……ぶっちゃけた話、鬱なんでしょうね。今回は、そこに風穴を開けるきっかけを求めての旅でもありました。
 思えばこの状態を危機的なものと認識するようになって以降、自転車旅行もやってませんでした。それなら、久しぶりに走れば少しは気も晴れるんじゃないか、って。効果のほどはまだ分かりません。ダメな状態は続いています。でも、とにかく自分はここまで来たんだと、一歩一歩踏みしめて今の場所にいるのだと、そのことは少し、思い出せた気がします。

さて。東京まで連れてきた愛車ですが、当初の目的通り大活躍しております。ありがたいことに東京は割と自転車で行動しやすい。路地は網の目の迷路のようで使いにくいものの、幹線道がよく整備されていて走りやすいのですね。川や線路で寸断されることも少ないし。実際、自転車に乗っている人も多いです。大阪よりはかなり、もしかすると和歌山よりも多いかもしれない。お陰で8月に比べて一気に行動範囲が広がり、あちこち飛び回れるようになりました。新宿や渋谷へも30分くらいで行けますし、何と言っても、そういう大繁華街以外の適正規模の町(中野とか)を利用できるのが嬉しいところです。大繁華街は人ごみを見るだけで疲れますからね…。電車利用では思うように人ごみを避けられませんが、自転車だとその辺り思うがままです。もっとも愛車はスポーツタイプなので、買い物の時とかは荷物が積みづらくてちょっと面倒なんですがね…。
 天気のいい日は通勤にも使ってます。片道30分強。一日の運動には丁度いいくらいの時間になります。就職するまで電車通学とは無縁な生活、中学・高校では自転車通学をしていましたので、元気のあった昔の感覚が戻っていい気分です。まぁ、脚力の衰えは否めませんがね(笑)。でも、べったり電車通勤の大阪の頃よりは少し足の筋肉が回復してる気がしますですよ(旅行直後に比べるともう随分落ちたけど)。やっぱり自転車で走ってこそ自分らしいなと、独り悦に入ってたりします。
 そういえば、東京で自転車に乗ってて感じたのですが、都内の人って皆いい自転車乗ってるんだよねー。いわゆるママチャリが非常に少ないの。和歌山や大阪と違って。MTBとか、スポーツ車とか、折畳み自転車とか、そうでなくても気の利いたシティサイクル。高そ〜な自転車で颯爽と街を駆け抜けていく感じ。やっぱハイソなのねー、大都会を闊歩する人たちって。

せっかく東京がベースになったので、出来ればここを基点に少しは遠出もしてみたいと思っています。が、いろんな意味で、これまでのような長距離・長期間旅行は今回が最後かもしれないと思っていたりします。…分かりませんがね。

2003/12/1 記
2003/12/7 修正


このページから抜けるサイトトップ / @nifty
サイト管理者:岩橋伴典 as いさな (jo3emc@jarl.com)